水を飲めば肌の水分量が上がる

肌につけた水はすぐに蒸発してしまいます。
蒸発する際にもともとあった肌の水分も奪って蒸発しますので
よけいに乾燥がひどくなるだけ。
肌表面からの水分補給はできません。




では肌に水分補給するにはどうすればいいか?

「水を飲む」



人間の体の60%以上は水分でできています。
水を飲むことで体中の細胞に水分が隅々まで供給されるので
肌も潤うんですね。
 
1日の水分摂取量の目安は
体重1キロに対し25cc程度。


体重が50キロの方であれば
1リットルちょっとですね。

ただしこういうのはNGです。
「肌に水分が満ち足りていると、紫外線の屈折率が高くなる、
だから私は頑張ってもっと水を飲もう♪」


適度な水分摂取は体にとっても肌にとっても
大切なことなんですが、極端にとり過ぎると今度は水中毒の恐れが(T_T)
水中毒というのは水のとり過ぎで血液中のナトリウムイオンが薄まってしまう症状です。
あまりないケースではありますが、ひどい場合には呼吸困難に陥ってしまうこともあるので注意です。


何事もやり過ぎは禁物。
適度に継続できてこそ、肌の水分量が上がったり
代謝がよくなるなど「イイコト」が起きてくるようになります

この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo