ボディの乾燥解消法

お風呂上りは顔も体もカサカサ。
顔がつっぱるのはもともと角層にあるセラミドがお湯で洗い流されてしまうため。


ですからボディにも
保湿は必要なんですが、
顔と同じで皮脂が多い部位とそうでない部位とでは
保湿の方法を変えることが大切です。




ではまず胸と背中の保湿法です。
ここは皮脂腺が多いので何もつけなくてOK。
天然の脂で自然にしっとり肌をキープすることができます。
でももし乾燥しているな、と感じた場合には油分が少なめで保湿成分が配合されているローションを使いましょう。



そして手・足。
両方共に皮脂腺が少ない部位です。
特にかかとは乾燥で角質が厚くなっていきます。
尿素配合クリームなど、角質をやわらかくさせうるおいをキープしてくれる作用があるコスメを使いましょう。


ではここで注意点を一つ。

 
ドラッグストアなどに行くと、赤ちゃん用のローションなどが
置かれています。


赤ちゃん用のコスメなら
肌が弱くても使える、肌にやさしいはず。。。
と思いがちなんですが実は真逆。
赤ちゃん用のコスメには
殺菌成分が思った以上に入っています。
乾燥しているということはバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすい状態になっているということでもあります。
ですので赤ちゃん用ローションも気をつけて使うようにしてくださいね。


また「安全」というイメージを与えるものでは
天然の植物成分配合をうたったコスメなどあげられますね。
もちろんいいものもたくさんあるのですが、天然素材には”天然”だけに
不純物や未知のアレルギー物質が入っていることがあります。

ですから肌が敏感・弱っている場合には、精製された合成原料が使用されている一般的なコスメの方が
かえって安心して使えるんですね。危険性のある成分は精製の過程でできうる限り除去されますから。


肌が弱っているなと感じる時は
アトピーの方でも使えるとうたっている化粧品を使っておくと安心ですよ。


 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo