つや肌をキープする10のコツ

肌状態をキープするためにふだん心がけるといいこと。

  • 洗顔時に熱いお湯は使わない
  • ファンデのスポンジ、パフはできれば毎日洗う
  • タオルでゴシゴシこすらない
    (せっかくモコモコ泡で洗ったのに!)
  • 必ず化粧を落として寝る
  • 水分補給をする
  • 毎日、コンスタントに肌が必要としている美容成分を与える
  • 叩かない、こすらない
  • 肌荒れしている時は思いつく原因を考えてケアをする
  • 肌変化を「手」などで毎日チェックする

肌ってずっと変化しています。
同じ状態のときってないくらいなんですね。


肌トラブルの原因は自分でつくっていることもありますし、ケア不足のこともあります。
高い化粧品を使っただけでは肌ってキレイになりません。


手で丁寧にさわって肌状態を朝晩チェック。
また肌に負担になることは極力しないように心がけましょう。

 

敏感肌にいい食べ物とそうでない食べ物


もともとバランスのとれた和食を食べていた日本人。
昔は肌トラブルが少なかったのに今や欧米化してしまって肌トラブルに悩む人が増えていますね。

もちろん食生活が変わったから肌トラブルが増えたというのはちょっと強引な考えですが、多少はやっぱり影響してますよね。

ということで肌が敏感担っている時に食べたほうがいい食べ物、あまり食べないほうがいい食べ物をメモしておきます。

 

 

敏感肌のとき食べたほうがいい食べ物
やはりそこはビタミン類。

  • 肌細胞の再生をサポートするビタミンA
  • コラーゲンが作られるとき必要で肌老化を防ぐビタミンC

この2つだけってことではなく、積極的にとりましょう

では次にとらない方がいい食べ物。たぶん好きなモノが多いんですよね・・・


敏感肌のとき食べない方がいい食べ物

  • カフェイン
  • お酒

どちらも取りすぎなければ大丈夫なんですが
過剰にとってしまうと・・・・・

★お酒を飲み過ぎるとアルコール分解時に水が使われるのでカラダが水不足になる

★カフェインをとりすぎると血管収縮や必要なミネラル、ビタミンが使われてしまうことが起きてきます

・冷たい飲み物など
血行が悪くなると肌代謝が悪くなって乾燥肌を助長します

・脂質が多い食べ物、炭水化物


栄養バランスを考えつつ肌にいい食べ物をとるように意識しておきましょう。


 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo