生理前の肌トラブルの効果的なケア

生理前に肌トラブルはつきもの。
毎月のことですし肌トラブルを起こさないようにケアでどうにか未然に防ぎたいですよね。


ちなみに生理前にはどんな肌トラブルが起きるかというと・・・・・


★肌のくすみ

★紫外線の影響を受けやすくなる

★敏感肌になる

★にきび、肌荒れが出やすくなる


ホルモンバランスの影響なので避けることはできない体の変化。


が、しかし肌がどうなるのかわかっていればある程度は肌トラブルを軽減できますよね。

 


生理前にやっちゃいけないNGスキンケアをご紹介。


★強い洗顔料を使う

★W洗顔

 

※肌状態が悪くなってしまった場合にはできれば皮膚科で治療を。

とにかく生理前というのは肌のバリア機能が落ちて刺激を受けやすくなっています。


ですから新しい化粧品を使い始めたりキレイになるためにとエステに行っても逆効果なので時期をずらしたほうがいいですね。

 

 

あと、紫外線対策は強化すること。
といってもSPF値が高いものに切り替えるのではなくて、塗りムラを無くしたり塗り直しをこまめに行うなどを徹底するということです。


気分も沈みがちですけど女のサダメ!
うまく付き合っていきましょうね!

 

 

肌にダメージを与えないクレンジングの方法!

 

スキンケアの中でもっとも肌にダメージを与えると言われているのがクレンジング。

肌のごわつき、くすみ、小じわ、シミなどメイクオフする時に引き起こされていることが多いんですね。


たとえば
★マスカラを落とすために、まぶたをゴシゴシこすっている

★クレンジング剤を肌になじませる時、指がそろって、手が反っている
→ 手に力が入っている

★すすぎのやり過ぎ
→ 10回以上、すすいでいる場合は皮膚のバリア機能が低下していることが多い。

★小鼻のまわりを洗う時、力が入っている
★鼻の下、唇は特に洗っていない

→ 古い角質が落ちずにたまり、くすみやカサカサの原因に。

 

クレンジングという行為は汚れを落とすために、無意識のうちにこすりすぎてることが多いんですね。


後はクレンジング剤のチョイスにも問題が。
おすすめなのはミルククレンジング。
たっぷり使って肌を極力、こすらないように注意しましょう。

 

ミルククレンジングは少量だと汚れが落ちないので肌を傷めることがあるんですが、たっぷり使えば皮脂をとり過ぎないで保湿しながらクレンジングができるんですね。

 

後は軽めにマッサージしながらメイクを落とすと老廃物が体外に出やすくなるので、血行不良や肌のくすみを改善できます。

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo